ログイン時の注意事項について
«戻る
ログインとは
NetMaster をご利用いただくため、組合ID・ログイン名・パスワードの情報を NetMaster のサーバーに送りサービスを開始することをログインと呼びます。
ログインすると、組合の行事予定やお知らせの閲覧・メール通知や、組合内の共有ファイルの管理などのサービスを利用いただけます。
ログインの種類
組合ID・ログイン名・パスワードを毎回入力する方法
従来どおり、組合ID・ログイン名・パスワードを毎回ご入力のうえログインしてください。
入力した組合ID・ログイン名・パスワードを保存して、ログインする方法
ログイン時に、「組合ID・ログイン名・パスワードを保持します。」にチェックを入れると、次回以降、組合ID・ログイン名・パスワードを入力する必要がありません。
ただし、この機能を利用するためにはクッキーの設定を、有効にしていただく必要があります。クッキーを有効にする方法については、ご利用時の注意事項/JavaScript・Cookieの設定をご参照ください。
動作環境
NetMasterは、WindowsのInternet Explorer 6以上のブラウザでのご利用を推奨しています。推奨ブラウザ以外でご利用の場合、エラーが発生する可能性がありますのでご注意ください。また、ご利用時の注意事項に記載している設定がない場合も、エラーが発生する可能性があります。
ご利用時の注意事項
ポップアップ制御について
NetMasterでは、一部ポップアップウィンドウを使用しています。ブラウザの設定で、ポップアップを制御している場合、NetMasterにログインできない場合や、NetMasterを正常に使用することができない場合があります。NetMasterをご利用する際は、必ずNetMasterのポップアップを許可する、または、ポップアップブロック機能を無効にするの設定作業を行ってください。
また、Yahoo!やGoogle等の専用ツールバーにも、ポップアップを制御する機能がついています。専用ツールバーをご利用の場合をご参考に、ポップアップに関する設定のご確認・設定の変更を行ってください。

NetMasterのポップアップを許可する
(Internet Explorer 7をご利用の場合)

1.
ツールバーから【ツール】→【ポップアップブロック】→【ポップアップブロックの設定】をクリックします。
ポップアップ許可1
2.
『ポップアップブロックの設定』ダイアログの“許可するWebサイトのアドレス”に「http://www.setsubi-it.jp/」を入力し、〈追加〉をクリックします。
ポップアップ許可2
3.
NetMasterのポップアップウィンドウが許可されました。
ポップアップ許可3

ポップアップブロック機能を無効にする
(Internet Explorer 7をご利用の場合)

※ すべてのサイトに対して、ポップアップブロックが無効になります。ご注意ください。
1.
ツールバーから、【ツール】→【ポップアップブロックを無効にする】をクリックします。
ポップアップブロック無効1
2.
「InternetExplorerのポップアップブロックを無効にしますか?」とメッセージが表示されますので、〈はい〉をクリックします。
ポップアップブロック無効2
3.
ポップアップブロックの機能が無効に設定されました。

専用ツールバーをご利用の場合
Yahoo!やGoogleなどのツールバーにもポップアップブロック機能がついています。ポップアップの許可またはポップアップブロックの無効を、インストールしている全てのツールバーで設定してください。
Yahoo!ツールバー
Yahoo!ツールバー
設定の確認方法・変更方法については、こちらをご参照ください。

Googleツールバー
Googleツールバー
設定の確認方法・変更方法については、こちらをご参照ください。
ログイン状態の有効期限について
ログイン後、NetMasterの画面上で一定時間以上操作を行わない場合、セキュリティの観点から、自動的にログアウトする設定になっています。その場合、再度ログインを要求する画面が表示されますので、組合ID・ログイン名・パスワードをご入力の上、再度ログインしてください。
JavaScript・Cookieの設定
NetMasterでは、いくつかの機能でJavaScript・Cookieを利用しています。このため、ブラウザの設定で、JavaScript・Cookieの設定が無効になっていると、正常に使用できない場合があります。以下の手順で、JavaScript・Cookieを有効に設定してからご利用くださるよう、お願いいたします。
1.
ツールバーより【ツール】→【インターネットオプション】をクリックします。
JavaScript・Cookieの設定1
2.
『インターネットオプション』ダイアログで、「Cookie」「JavaScript」を有効にします。

Cookieを有効にする方法
2-1)
[プライバシー]タブを選択後、[設定]の〈詳細設定〉をクリックします。
Cookieを有効にする方法1
2-2)
『プライバシー設定の詳細』ダイアログの“自動Cookie処理を上書きする”“常にセッションCookieを許可する”にチェックをいれて、〈OK〉をクリックします。
Cookieを有効にする方法1

JavaScriptを有効にする方法
2-1)
[セキュリティ]タブを選択して、[このゾーンのセキュリティのレベル]の〈レベルのカスタマイズ〉をクリックします。
 JavaScriptを有効にする方法1
2-2)
『セキュリティ設定』ダイアログの[設定]リストを下部へスクロールし、[スクリプト]の“Javaアプレットのスクリプト”の“有効にする”を選択して、〈OK〉をクリックします。
 JavaScriptを有効にする方法1
3.
『インターネットオプション』ダイアログの〈OK〉をクリックすると、「Cookie」「JavaScript」の有効に変更されます。

«戻る